新学期になる前にちょっとチェック

physipa_4642
授業中にじっと座っていることができずに、
教室の中を歩き回ったり、教室を飛び出してしまう子。

気を付けをしなさいと言っても、ふらふらしてしまう子。

初めての大人(先生や指導者)を見ると緊張して話ができない子。

こういう子が就学前ので多くは発育に問題があるかもしれないから
診断を受けてくださいと言われ、発育発達障害やグレーゾーンと言われてしまうようですね。

当教室はビジョントレーニングを行ってますが、そのトレーニングでも
出てくる原始反射。

原始反射とは生後見られる反射のこと。通常は前頭葉が発達すると統合されるといわれています。

じっとできてなかったり、緊張してしまう・・など または両目が正しく使えていなかったり、

統合がうまくできなく、反射が残っていることで通常の生活に支障が出ている場合があります。

そういうお子様はもしかしたら原始反射が統合されず、残っている可能性があります。

でも、原始反射が残っているから物事がうまくいかない時があるけれど、その現実をどう
対応していくかを知ることが逆に強みとなっていくと思います。

フィジパの運動プログラムで原始反射もチェックします。

会員様でも受講可能な春休みにマンツーマンレッスンを募集致します!

LINEで送る
Pocket

友だち追加

フィジパのINSTAGRAM

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG