「どうして出来ないの?」「しっかりしてよ」

親が子どもにかける言葉はすべて子どもに影響します。

何も知らない、何もわからない子どもたちは超吸収体です!

何でもかんでも吸収してしまいます!

子どもに大人の期待を求める話し方は、具体的じゃないから子どもはわからないし、逆に具体的過ぎると、言われなきゃ出来ない子になります。

どんな風に声をかけるのか。

私はヒントを出すだけです。

そのヒントのレベルは様々です。

そしてそのヒントを出すタイミングを見計らう。

それが見守るということ。

何でもかんでも先回りして教えない。

子どもたちがこれから経験することを奪わないようにしてるだけ。

どうして出来ないの?

早くしなさい!

って言ってませんか?

“信じて待つ”

私たち大人も日々成長ですね!

LINEで送る
Pocket

からだとココロの2つのブログ
ANOTHER BLOG