受験セミナー開催しました。

こんにちは。

先日、横浜にて受験セミナーを開催させていただきました。

”タイトルは高校受験”ですが、
フィジパのHPに足を運んでいただいている方にも
共通するポイントが含まれている内容でしたので、

一部ご紹介させていただきますね。

+++++++++++++++++++++++++

まず、参加されたほとんどのお母さまが

「勉強をしなさい」という言葉を
お子様に向けていらっしゃいました。

ところが、
ご自身でも

「子供に勉強しなさいと言ったところで、
前向きに取り組めるという確信はほぼないです。」

「ついイライラしながら
勉強しなさいの言葉を伝え続けてしまうんです。
自分でもストレスたまってなんとかしたい。」

という声も。

 

 

「勉強しなさいとしかる」=「勉強ができる」
ではありませんよね。


お母さんが勉強をさせるのではなく、
子供がしたくなる♪

”勉強がしたくなるような雰囲気づくり”
をお母さまにはぜひお願いしたいです!!

==========================
1つ目:子供自身のやる気を奪わない
2つ目:勉強したくなる雰囲気づくり
3つ目:勉強する目的をつくる

============================

意外とお母さんも”やる気を奪う”言葉を何気なくなげかけているもの。

なにかを進めるときに、大事なのは、
実は「よいものを取り入れる」ことに人間注力を注ぎますが、
「悪いものをまず排除する」という視点が置き去りになりがちです。

私たち母自身が
”やる気を奪うそのもの”になっていないか

再確認しました!

==========================
「耳が痛かったけど、今日から行ってみます!」
「まずは自分がかわらないと!」
==========================

こんな素敵な感想が聞けました。

子どもはすぐ変えられなくてもてくても、
お母さんが変わると、ぐっと変わるから不思議です!

実はここには物理的な原理もあるのです。

 

そう!
それは脳波が伝染するというお話。


勉強は気持ちが穏やかで希望に満ちた状態で始めたいところです。
記憶力も穏やかにしているほうが、高まります!
集中力とα波は、深い関係もありますが、
α波はイライラしていると出てきません。

お母さんがイライラしていることで、
せっかく子供が集中力を高めようという高い意識をもっていても、
家庭で勉強どころではありませんよね♪

子供さんのために、お母さんが穏やかな気持ちになる。

私がママが幸せになることが、子供の幸せになることと
伝えている理由です!

いま中学もテスト期間のところもあるみたいですね!
是非、ニコニコ穏やかママでおねがいします♪(^_-)-☆

LINEで送る
Pocket

友だち追加

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG