東京と神奈川の幼児教室では、くま歩きの教え方が違う!(小学校受験)

 

教室長小島です。

 

小学校受験の受験考査で多く出題される

『四つ足歩き」通称「くま歩き」

東京と神奈川の幼児教室ではこのくま歩きの指導方法が違うって

ご存じですか?

 

元々は筑波大の前身である東京教育大学で子どもの発育状態を確認

するために出題されているのがきっかけらしいと聞いたことがあります。

 

そしてビジョントレーニングの粗大運動でも取り入れられています。

内容も発達状況を確認するのは同じですが、目的が違います。

 

フィジパでは受験考査のためだけではなく、このくま歩きは

子どもの成長にとって非常に大切なので、数十種類のくま歩きのプログラムがあります。

小学校受験のみならず、このくま歩きは乳幼児期から親御様も知っておいて欲しいことがたくさんあります。

スピードが速い、遅いだけではありません。

くま歩きからわかる子どもの成長度具合。

 

フィジパの小学校受験コースでは基本の部分を親御様に説明して

どんな学校のくま歩きの出題が出されても、簡単にクリアできると思います。

まずはお試しレッスンから↓

ワンデーお試しレッスン*フィジパプログラムを体験しよう!*

 

LINEで送る
Pocket

友だち追加

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG