『発育発達障害(グレーゾーン)』カテゴリーの投稿一覧

勉強を頑張らせたいなら、まず運動!

脳を活性化する!といえば、百ますやドリル・読書などを浮かべると思いますが、 フィジパは体を動かし、脳を活性化するプログラムです。 実は脳を鍛えるうえで大切な事・・それは。。。 ①運動 ②コミュニケーション ③指先をたくさ […]

続きを読む

運動神経は遺伝ではありません!!

遊ぶことに興味を持ってきた乳幼児期~幼児期(時に小学生)に対し、 フィジパのレッスンでは、毎回決められたメニューはありません。 なぜなら、その子の今日の気分で教室の何を使って興味を持つか わからないから。 特にこの時期は […]

続きを読む

やりたくないことを「やる気にさせる」事~はじめの一歩~

難しいプログラムを初めてトライしようとする時の 子供の様子について考えてみます! 子供って、やったことがあることに関しては、自信を持って すぐに取り組むんですが、 はじめてやることに対してはやっぱりドキドキだし、不安そう […]

続きを読む

オーダーメイドにおいての「運動からできる」メンタルケア

今回は当教室の「メンタルケア」についてお話します。 スタッフのお客様にお送りしているメールをかいつまんでご紹介いたします! +++++++++++++++++++++++++ 私たち「運動教室」では単に運動の教室なのでは […]

続きを読む

「驚きの効果っ!」というタイトルで親御様よりメールをいただきました☆

フィジパに通われている親御様からよくメールをいただきますが、今回のメールのタイトルは「驚きの効果っ!」というものでした♪ ============================================= お世話 […]

続きを読む

「怖い」「緊張する」から「できた」への仕組みとは?

平均台が渡れない。 鉄棒がこわい。 跳び箱が跳べない。はじめてのことは緊張する。 ではどうやって、その怖い・緊張する事ができるようになるのでしょう。 それは、そのための「過程」をとことんやります。 中には「これは遊びなの […]

続きを読む

落ち着きがない子・おふざけする子って・・

体験レッスンや、親御様が見られているレッスンで、 よく言われるのが、「うちの子、おふざけするので、厳しくしてください!」・・。 親御様から運動教室で求められるのが、厳しさ・ビシッとなどの態度の部分。 「先生が話をしている […]

続きを読む

強制的な「躾」って必要だと思いますか?

親や先生に言われたことだけ受け身ですると、考える力が養われない。 教室では『考える力』にこだわって取り組んでいます。 でも、それと「自由に気ままにする」ことは違います。 ここは教室。 「しっかりとした挨拶」や「声を出すこ […]

続きを読む

球技が苦手な子や、文字がマスからはみ出てしまう子は○と○の協調性が・・

教室に来る子には図形を書いてもらったり、紙を指示通りに破けるか? などの手(指)の使い方もチェックしています。 個人差がありますが、うまくいかない子とうまくいく子の差がはっきりと 分かれます。 赤ちゃんの時にハイハイをさ […]

続きを読む

何のための運動(スポーツ)なのか?

世間はソチオリンピックで盛り上がっていますね~! 日本体育大学の学生時代、多くのトップアスリートが練習しているのを見て、 いつも感じた事。 それは、個々の、チームの目標のために向かって、黙々と練習している。 運動=スポー […]

続きを読む

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG