なわとびが苦手な子には?

nawatobi_a

手でなわを回しながら、足でジャンプしてとぶ!

なわとびって、さまざまな運動の基礎となる動きにつながっています。

でもそれがうまくできなくて、なわとびがいやになったり、運動が苦手に
なってしまう子が多いので、今日はなわとびのジャンプのポイントを!

 

ポイントその1

なわはいったりきたりするもの。
まずは、向かってくるものをその場で飛び越えることを覚える。

大縄でもよく見かける光景ですが、なわばっかりを見てしまって、ジャンプすると移動して
しまう子多いですよね?
そういう子には、向かってくる棒や、ボールをジャンプして避けるという運動をおこなう。
棒やボールなどを跳び越えることで、なわをジャンプで越えるタイミングを身につけます。


ポイントその2

大切なのは、ジャンプ
した時のあしの使い方です。
ばらばらな足でおりてしまうとなわに引っかかってしまいます。
まずは両足ジャンプ(グージャンプ)ができているか?
もし、出来ていない場合は、まずはその場でのジャンプを何度も見せてあげることが
大切です。子どもは見て真似ることがすごい得意!
リズムにあわせてとぶこともポイントです。

 

ポイントその3

上半身(腕をまわす)と下半身(ジャンプする)の2つの動きをいっぺんにすること自体が
子どもにとっては大変なこと!
まずは、同時に上半身と下半身を動かすためにジャンプしながら手をたたいたり、スキップしながら手をたたく。などの基本動作を繰り返し行います。

この3つのポイントができれば、ジャンプの基礎はバッチリです。

フィジパのプログラムは、段階を踏んで、体の使い方を楽しく行うプログラムになっています!

 

 

LINEで送る
Pocket

友だち追加

フィジパのINSTAGRAM

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG