幼児期に最低限身につけておきたい5種類の運動能力って?

教室長小島です

 

まもなく梅雨が明けますねー!

 

ただ今年はなかなか思うように動けない世の中になってて、、、

 

 

運動能力って遊びの中から身につけていけば良いんだけど、

 

幼児期にこの種類の動きを身につけておけば、

そこそこの運動能力がつけると思います。

 

 

そんな難しいことではないけれど、これが動く機会をつけてあげないとです。

 

それは、

 

 

①歩く:走る

②跳ぶ

③投げる:捕る

④登る:ぶら下がる

⑤つく:蹴る

 

 

の5種類です。

 

 

ごく当たり前の動きを一つずつ理解していくことが大切。

 

フィジパではこの5種類の動きをいろいろな動きや指示に合わせて行っていきます♪

 

これも1種の遊び感覚でトレーニングですよー

LINEで送る
Pocket

友だち追加

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG