脳発達に役立つ教室のドイツ製遊具

メンタルボディマップの形成

 

教室にドイツから

取り寄せた今年設置した

クライミングアーチは

脳の発達に非常に大切な運動器具。

 

 

 

高さが怖くて

号泣しちゃう子が

多いですが、

 

慣れるまではちょっと厳しくサポート。

自分のカラダを把握する。

【脳がカラダのl立体構造として体を把握し

脳の指令に的確に表現できるかどうか?】

 

いわゆる

メンタルボディマップの形成です。

 

メンタルボディマップについては こちらをあとで見てください♪

運動教室のできること | フィジカルパーク (physipa.com)

 

3D=立体感覚が把握できないと、

算数の立方体やボール運動などで

苦労してしまいます。

 

地面で行う

くま歩きの次のステップにおいて

正中線越えは発達の判断に絶対必要なんです。

 

これは原始反射 が関わっています。

 

ちょっと難しいかな?

 

高さの恐怖慣れてくると、徐々に

できる子も増えてきました。

これは

脳の成長もできている証拠です。

 

できない子は無理に行いません。

 

だからこそ非常に時間かかるので

根気や時間が大切です。

 

運動から脳を鍛えること!

 

これが発達には最先端なトレーニングです^ – ^

 

教室に通えなくても

 

フィジパの公式LINE登録で

 

お得な情報や

チャットから相談可能です♪

LINEで送る
Pocket

友だち追加

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG