運動量は多いのに、身体的に偏っている子供が増えている!

Processed with Moldiv先日のNHK「クローズアップ現代」で子どもの体力(運動器)低下について
取り上げられていました。

ゲームやネットで運動をしない子が多くなってきている現実。

そして、私が危惧しているのは「積極的に運動をしている子でも体に異常が出ている」ということ。
運動能力は高くても、普段使用しない部位に運動機能のバランスが損なわれている。
例えば毎日のようにサッカーをしている子は、同じ部分の筋肉を使いすぎてそのアンバランスが機能障害に発展していく場合があるという事。
実際、陸上で能力があるお子様にもそのバランスの悪さがあることをこの放送でも取り上げられていました。

スポーツでは体をバランスよく使う事が競技においても絶対必要です!

それは、0歳から小学校までは特にこの重要性が求められます
様々な多様な動きを覚えていった子が、その競技の中でもグンと伸びてくる基本を備えるのです。

スポーツ選手として運動を一生懸命取り組みさせたい親御様にも、
身体の動かし方が不自然だったり
ケガが多いお子様、
不得意なお子様にも
これはどんな子にも当てはまります。

****************************************************************************
フィジパの教室ではビジョントレーニングと一緒に
メンタルボディマップを形成するプログラムを実践しています。
5月より幼児は3名まで、小学生は4名の少人数クラスを開講いたします。

まずは、お問い合わせ・体験レッスンを受講してみてください☆
http://physipa.com/form
※お問い合わせの際は、ご連絡先、受講目的、年齢などが記載されていますと、
よりスムーズにお答えできます。

LINEで送る
Pocket

友だち追加

フィジパのINSTAGRAM

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG