幼児期におけるクマ歩き(四足歩き)の効果

フィジパのプログラムには、幼児から小学生までクマ歩き(四足歩き)があります。

年齢に応じて、やりかたが違うのが、フィジパオリジナルプログラム。
このクマ歩きは腕を支える支持力や腹筋・背筋力が養われるだけではありません。

数十年前から国立小学校受験の運動試験で、
このクマ歩きが出題されています。

実は大学の研究で このクマ歩きは
《抑制力》《集中力》が養われる!!
という結果が出ています。

 

フィジパでは、ビジョントレーニングも取り入れています。
そのビジョントレーニングのプログラム内にもこの「クマ歩き」が入っています。
一般的な「やり方」や「見るポイント」が少し違いますが、
それだけクマ歩きが効果があると言う事ですね。

ただ、このくま歩き、
ただ早くするだけではだめです。

レッスンの中で行うくま歩きででは
「ある事に注意」して行います。

 

体の使い方を「意識」して行う事がとても重要なのです。
意識をしながら行う「くま歩き」の効果!
それは

跳び箱側転逆上がりなど

これから行いたい運動の「すべての土台」となる力に結びつくんです!

ぜひ、みなさんにも試していただきたいですね☆

フィジパトップページ2月

LINEで送る
Pocket

友だち追加

フィジパのINSTAGRAM

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG