幼児~小学生の時期に必要な体の動かし方を知る=「メンタルボディマップ」

iphone 039

(過去の投稿を再編集)

幼児の時期に必要なこと=体の動かし方を知るということです。

いわゆる「メンタルボディーマップ」を作るという事です。   

運動・体操教室でも、「メンタルボディーマップ」が習得できていないお子様に「身体能力の向上」のみを目的に指導している教室も少なくはありません。

 

これでは、子どもに偏った体の動きを習得させてしまい、結果的に運動嫌いや偏った体になっていくことになります。

 

また偏った体の使い方を習得してしまった子供たちは、小学校へ上がってからの学校体育や、スポーツ、危険察知能力などに、支障をきたします。  (さらに、脳の思考の部分でも弊害がでてしまうお子様も少なくはないのです。)

 

これは少年野球や少年サッカーチームに所属している子でも正しい体・目の使い方が上手にできていない子が多いです!

 

 一見、回り道に見える「身体の基本動作」ですが、「体の動かし方・思考の使い方」を強化する「脳育て」をフィジカルパークでは実践しています。

 

それぞれの子どもの成長・発育に即した「メンタルボディーマップ」ができてくると、結果的に「身体能力の向上」を得ることができます。

この段階を踏む事は、個別・少人数制にこだわる教室の大きな理由でもあります。

 

また、フィジカルパークでは、他の運動・体操教室ではあまり取り入られていない

《ビジョントレーニングとフィジパオリジナルプログラム》を導入しています。
ぜひ一度、春休みに体験してください。

※春休みレッスンはHPトップページを参照下さい!

 

 

LINEで送る
Pocket

友だち追加

フィジパのINSTAGRAM

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG