手先・指先が不器用な子は、手のボディイメージが理解できていない・・・

手先

 

手先・指先の不器用さには、手を動かす経験が少なってきているから・・とも言われています。

手先を使う→ボタンを留めたり外したりすること・スプーンを持つ・歌いながら手を叩いてリズムを取る・鉛筆で折れない様に字を書く・・など 生活では欠かせない行動ですね。

幼少時代、私自身も箸のしつけで、おはじきや豆をお皿に置き換える練習をしたことがありました。
しかし、練習・しつけとなると、嫌になってしまう子もいますよね? 実際私も苦手でした(笑)

フィジパ運動教室プログラムでは、手の機能→(握る)・(ちぎる)・(支える)・(つまむ)等を 楽しく学べるプログラムを用意しています。
手元・指先のボディイメージを運動・ビジョントレーニングを通じて、楽しく少しずつの成功を体感していただき、手と眼の脳の協調性をトレーニングいたします。

もちろん、足の指のトレーニングもありますよ♪ ぜひ、まずはマンツーマンの体験で他の教室と違うことを感じてください!

そして、マンツーマンメインの教室ですが、キッズ(3~6歳)とジュニア(小学生)の少人数のクラスを週1回開講することになりました。ただ今時間帯を調整中の為、決定次第、HPでUPさせていただきます☆

LINEで送る
Pocket

友だち追加

フィジパのINSTAGRAM

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG