ハイハイが少ないまま、立ってしまうことって、凄い事なのか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤ちゃんの時のズリバイやハイハイって、☆重要で大切な全身運動!☆ということをご存知ですよね?

「うちの子、ハイハイをあんまりしないで、すぐに立っちゃったぁ~。すごいよね~」・・・
今の現代、、生活で、部屋にさわれられるものがたくさんあり、それを使って、いきなり立ってしまってませんでしたか?遊べる環境・生活環境が変わってきているから、そう思っても仕方がない・・。

ハイハイする期間が短く、早く立ってしまった子ほどO脚や腰痛・外反母趾になる人が多いと聞いたことがあります。幼児期に外反母趾!! 自分たちの時期には考えられない子どもの現状・・・。
ハイハイが少ないせいで、バランス(姿勢が悪い・じっと立ってられない)力がないのも一原因です。

え?すぐに立っちゃうのっていけないの?・・・

ハイハイをする期間が少なくて、立ってしまうと、足や背骨の形がゆがんでしまうんことがあるんです。
ハイハイのような全身運動は、全身/特に腕や足の力が鍛えられたり、バランス感覚や反射神経も鍛えることができるようになります。

研究データでは、ハイハイから、脳が刺激されて、言葉を話す事や集中力などが高くなるそうです。また、この時期には色・動くことにも興味を持っています。だからウチの教室はカラフル器具がいっぱい♪

そして、フィジパでも足指を使うトレーニングをしますが、実は、親指の力は、立ったり・バランスをとったりするためには重要でポイントなんです。ハイハイは、赤ちゃん時期の全身運動!特に足の指、親指の力を使って地面を蹴ってるんですよ!

教室でとりいれているビジョントレーニングは眼球運動だけでなく、体全体を使うプログラムです!

フィジカルパーク東北沢教室は、ママやパパが知らないこともアドバイスができる
~0歳からの運動教室~!

体のこと・子育て通し、不明な場合はぜひ、ご連絡・体験してくださいね♪
お問い合わせはメールでも♪⇒ http://physipa.com/form

 

LINEで送る
Pocket

友だち追加

フィジパのINSTAGRAM

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG