メンタルボディマップの形成ができていない子どもが増えてきている

教室長小島です。

 

そういえば、メンタルボディマップの形成ができていない子がものすごく増えてきているなーって感じています。

 

これって実は子どもだけでなく、大人もかもしれない。

 

 

目の動き、足指の使い方だけでなく、発達として大切なプロセス含めて何かが崩れてきてるのかな?

 

もちろんこれは体だけではなくて、自ら発言していく力や、考えるということが

少なくなってきているのではないか?

色々な意味でもう一度振り返っていく必要があるのかな?

 

乳幼児期から環境を作っていって、かつ動く楽しさ、頑張る力。

 

 

公園に連れて遊ぶ、、、だけではなく、何をして遊ぶのか?

 

 

もちろん、家族で一緒に行く機会を増やすことはすごい良いことですし、非常にたいせつなこと。

 

成長の時期にどういう体の使い方をしてるのかを観察していくこと、必要な時代になってきたのか。

 

抽象的でうまく伝えられないけど、ココロと体。繋がってることがまだ改めてわかってきました。

 

メンタルボディマップについては

教室について

LINEで送る
Pocket

友だち追加

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG