『発育発達障害(グレーゾーン)』カテゴリーの投稿一覧

落ち着きがない子・おふざけする子って・・

体験レッスンや、親御様が見られているレッスンで、 よく言われるのが、「うちの子、おふざけするので、厳しくしてください!」・・。 親御様から運動教室で求められるのが、厳しさ・ビシッとなどの態度の部分。 「先生が話をしている […]

続きを読む

強制的な「躾」って必要だと思いますか?

親や先生に言われたことだけ受け身ですると、考える力が養われない。 教室では『考える力』にこだわって取り組んでいます。 でも、それと「自由に気ままにする」ことは違います。 ここは教室。 「しっかりとした挨拶」や「声を出すこ […]

続きを読む

球技が苦手な子や、文字がマスからはみ出てしまう子は○と○の協調性が・・

教室に来る子には図形を書いてもらったり、紙を指示通りに破けるか? などの手(指)の使い方もチェックしています。 個人差がありますが、うまくいかない子とうまくいく子の差がはっきりと 分かれます。 赤ちゃんの時にハイハイをさ […]

続きを読む

何のための運動(スポーツ)なのか?

世間はソチオリンピックで盛り上がっていますね~! 日本体育大学の学生時代、多くのトップアスリートが練習しているのを見て、 いつも感じた事。 それは、個々の、チームの目標のために向かって、黙々と練習している。 運動=スポー […]

続きを読む

子供に表現力を身につけさせたい!と思っている親御さんへ!

「子供に表現力をつけさせたい!」 そう思う親御さんは多いはず。 では、どうして表現力を身につけさせたいのですか? 小学校受験の面接でも、 これから通っていく中学・高校・大学受験 また、就職試験の「面接」の現場を子供さんは […]

続きを読む

運動で自信をなくしている子へ

体験でこられる親御様からのアンケート でのご要望に多いのが 〇ビシバシ鍛えてください! 〇できることを増やして自信をつけてほしい。 〇運動を通して頑張る気持ちを学んでほしい。 などです。 運動教室の私たちにも「心」の成長 […]

続きを読む

運動嫌いの克服方法①

運動が嫌い!! そんなお子様は多くいらっしゃるかと思います。 でも、親御様には、二通りいます。 「運動ができる方が、子供時代は何かといいのでは?」と とりあえず目的は「一通りしておくほうが!」といった目線で運動をさせる。 […]

続きを読む

嫌いを好きに・・・!

こどものころは、体を動かすことによって体の使い方やお友達とのコミュニケーション力などが付く時期です。 また、発育発達障害などの治療法に「遊戯療法」があります。 フィジパでは、色々な運動器具がありますが、授業のカリキュラム […]

続きを読む

手先・指先が不器用な子は、手のボディイメージが理解できていない・・・

  手先・指先の不器用さには、手を動かす経験が少なってきているから・・とも言われています。 手先を使う→ボタンを留めたり外したりすること・スプーンを持つ・歌いながら手を叩いてリズムを取る・鉛筆で折れない様に字を […]

続きを読む

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG