運動神経は遺伝ではありません!!

遊ぶことに興味を持ってきた乳幼児期~幼児期(時に小学生)に対し、
フィジパのレッスンでは、毎回決められたメニューはありません。

なぜなら、その子の今日の気分で教室の何を使って興味を持つか
わからないから。

特にこの時期は、自分のことを一生懸命に表現していく時期です。
やりたくないことは、やらせない。
子どものやりたいようにさせて、体を動かせばどんな子どもでも
運動神経が発達します。
よく、「主人も私も運動神経がないから・・」という言葉を聞きますが、

運動神経は遺伝ではありません!

フィジパでは、乳幼児期から、
自由に体を動かしながら、自分で考え、表現することを大切に
しています。

またフィジパ東北沢のレッスンは、ほとんどがマンツーマンレッスンです。

なぜなら保育園や幼稚園・小学校で、集団行動から
ルールの 社会を学んでいるはずです。

集団・決められたルールがあるからこそ

・自分の意見を言いにくい

・自分の思い通りにはいかないで、我慢をしなければならない
ということもあると思います。

 

フィジパで一番大切なこと・・・・

☆運動を通し、自分を表現できるようになること☆です。

自分自身を表現できないで育っていく環境が少ないと思います。
これは、子供だけでなく、大人になっても表現ができない方が多いです・・・。
今の時代、もっと自己主張ができる環境が必要と感じています。

集団では気づきにくい 、子どもの個性に合わせ、体を動かして
自分を表現できる『フィジパっ子♪』
運動を通して勉強の成績も上がるサポートをもしていきます”

 

LINEで送る
Pocket

友だち追加

フィジパのINSTAGRAM

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG