跳び箱やなわとびがうまく飛べない子は、もしかして両眼視機能がうまくいっていないかもしれない!

2016-04-21 10.49.30当教室の会員様を見ていただいているイワキメガネ関内店の安達さんと打ち合わせをしてきました。

会員様の目の状況や、まだまだ私が知らない目や原始反射の話を聞き、そこで安達さんから出た言葉!

跳び箱やなわとびをうまく跳べない子はもしかしたら両眼視の使い方が出来ていない子も多い!!

どういうことか?・・

 

 

○二つある目を使っているつもりでも、上手に使えていなくて、空間認識ができていなかったりする

○原始反射が残存していて、斜めの概念なども理解できていない子は体を動かすことも難しいと。

これは普段サッカーや野球などのスポーツをしている子でも、両方の目を正しく使えていない子も
非常に多いと感じます。

・よく転ぶ!
・勉強の成績がなかなかUPしない!
・うまくポジショニングが取れない!
・ボールにうまく当たらなく三振が多い!

こういうお子様はぜひ視機能検査や目のチェックをしていただきたいです。

視機能検査のご紹介やめのチェックはフィジパお問い合わせフォームからも受付中です♪
↓↓
http://physipa.com/form

LINEで送る
Pocket

友だち追加

フィジパのINSTAGRAM

フィジパ代表かなえ先生のブログ
Kanae BLOG